TCG活動報告

TCG AWARD 2010 本審査

■日 時:2010年7月24日(土)10:00〜
■会 場:高新文化ホール7F
■レポート:中島亜土(add go design office)
■撮 影:釣井 泰輔・片岡 秀紀((株) 南の風社)


ドキドキの本審査当日。
TCGスタッフをはじめ、高知大&デザインカレッジの
ボランティアスタッフによる最終打ち合わせも終わり、
思ったよりたくさんのギャラリーが待つもとへ
審査員である浅葉さん、新村さん、納島さん、正岡さんが到着。


 審査員への説明も終わり、いよいよ本審査がスタート!
集計を担当させていただいた私はただただリアルに目の前で
行われる作品の評価に喜んだり悲しんだり…と私情を挟みつつ、
皆さんの真剣な眼差しに、どういう部分を見てどんな評価を
しているのか興味津々でした。





今回の審査方法、一次・二次審査はシールでの評価。
三次審査に残るのは審査員3名以上の評価を頂いた作品のみ!
進んだり戻ったりしながらじっくり審査していただき、
約200点の作品から38点が選ばれ、いざ三次審査へ!



三次審査からは点数評価。1作品5点×審査員4人=20点満点で、
点数の高いものからグランプリ、準グランプリとなります。
さらに部門賞は各部門の中で高得点を獲得した作品が選ばれます。
そうして選ばれた最高得点19点を獲得したのは、なんと2作品!
さぁー、困りました!
2つの作品を並べ、見比べ・悩み・意見割れ・悩み・見比べ…
ついにグランプリ&準グランプリが確定!
記念すべき第一回 TCG AWARD 2010 グランプリに輝いたのは
アークデザイン研究所の北村隆さんでした!
更に北村さんは準グランプリも獲得。
更に更に新聞・雑誌広告部門賞、納島正弘賞までも獲得!
初めてのAWARDで4冠!トロフィーも全種GET!さすがです!



 ちなみに今回のTCG AWARDのメインビジュアルも北村さんが担当。各部門のPOPも細部までこだわったかっこいいデザイン!
そんなPOPに審査員陣が気付いてしまい…。審査中にもかかわらず
「このPOPがグランプリ!」とか冗談混じりにシールをペタペタペタ。さすがお目が高〜いと心の中でニヤリとしつつ、作者はまだ秘密。そして最後の最後に実はPOPも北村さん作である事実を聞かされた時の審査員陣の「やられたー!」みたいな顔(笑)


素晴らしいオチ??でお開きとなった本審査でした。


今回は実際の仕事のみのエントリーだったので出せるものも限られ、
非常に苦しい中での試みだったと思います。
納島さんもおっしゃっていましたが自主制作なども可能にするなど、
より多くの会員さんが参加できるAWARDになるよう
次回に向けて改善すべき点が多々見えたように思います。


そして…次回はうっすらBGMかけましょう(笑)
あの前半の静けさ!妙にリアルで静かな空気に耐えれない私は
変な意味でドッキドキでした。


なにはともあれ、第一回 TCG AWARD 2010。
無事終了いたしました!


まずは審査のためにお忙しい中スケジュール調整をしていただき、
遥々お越しいただきました浅葉さん・新村さん・納島さん・正岡さん。
高知のクリエイターの仕事っぷり、いかがだったでしょうか!?
やはり田舎ならではの物足りなさや、逆に田舎ならではの仕事など
イイ・ワルイ様々だったと思います。今回初めての試みでしたが、
会員各々の意識・レベル向上へと繋がっていくことと思います。
この度は本当にありがとうございました!


そして運営に関わったスタッフの皆さん。
忙しい仕事の傍ら諸々の段取りをこなすのはとても大変だったと思います。
本当にお疲れさまでした!!!!


さぁ!ほっと一息つく間もなく次なる会場[授賞式&パーティ]へ!
大物ゲストの登場で被害者続出!?


TCG土佐クリエイターズギルド事務局
〒780-0870 高知市本町3丁目1-1
TEL.088-856-6290 FAX.088-856-6291 E-mail:info@tcg55.com